初めまして、30代半ばの至って普通のサラリーマンです。
ここでは私が行っている日々のヘアーケアーについて、ご紹介させていただきます。

まず私の事について話をすると大学卒業後から営業職についているため、毎日毎日外回りをしております。
春は花粉、梅雨は湿気、夏は汗、秋から冬にかけては乾燥と、様々な気候や状況と私の髪の毛は戦ってくれています。

ヘアケア
さらに、私の髪は量も多く、硬い上に生まれつきのナチュラルパーマ―(天然パーマ)と扱いにくい髪質です。
美容師さんには、髪質を誉められますが、サラサラのストレートに憧れます。(実際にストパー経験あり)
こんな髪の毛と30数年間、付き合っております。

ここでは今の時期である冬に実践している対策を少し記載させていただきます。
対策する前の私の髪の毛は乾燥により、パサつき、ナチュラルパーマ(天然パ―マ)も重なり、
出社前に自宅でセットしても、最寄り駅につく間(15分程度)に乱れ、昼過ぎには朝の原型はとどめることは、ほとんどありませんでした。

対策してからは、風が強い日などを除けば、潤いをキープしナチュラルパーマ(天然パ―マ)とも上手に付き合うことが出来ております。
現在実施していることは3つあります。

簡単に書くと

①シャワー、風呂は1日2回(朝、夜)
②入浴後の手入れ
③スタイリング剤の使い方

になります。

詳しく紹介していきます。

①シャワー、風呂は1日2回(朝、夜)

これは文字通り、朝と夜の2回髪の毛を洗います。
仕事から帰ってきてからの夜と朝起きてからの朝(いわゆる朝シャン)になります。
夜は仕事の疲れも取る意味もありますが、ゆっくりと長い時間をかけてじっくりと洗っていきます。
浴室内の湯気や湿気により汚れを浮き上がらせ、指先で揉みこむように頭皮から髪の毛の先まで、
丁寧に洗っていきます。
朝は眠気覚まし、寝ぐせ直しの為に軽めに流す程度に洗っていきます。

朝も夜にも共通する部分は、指先で丁寧に洗っていくことです。

②入浴後の手入れ

これは朝も夜も同じことをしております。
軽くタオルドライをした後に、ドライヤーでしっかりと乾かします。
乾かした後には洗い流さないトリートメントを浸透させていきます。(私の場合はそのあとに頭皮の乾燥予防で、頭皮ケアーもしております。)
トリートメントが浸透した後、ここで登場するのがニベアの青缶です。
ニベアを掌に少量取り、ぬるま湯で少し溶かしながら伸ばしていき、髪の毛に浸透させていきます。

これが入浴後の手入れになります。

 

③スタイリング剤の使い方

ラサーナ ヘアエッセンス
最初の方に書きましたが、私の髪は量が多い、ナチュラルパーマ(天然パーマ)になります。
その為、出社時にはスタイリング剤でのセットが必要です。
私は同じメーカーの同じ種類のスタイリング剤を2つ混ぜて使用してます。
1つ目はセット力があり、動きが出しやすいヘアーワックス、2つ目は潤いを与えるための水分量の多いヘアジェルタイプです。

両方のいい部分を引き出すことにより、潤いキープ、セットのキープともに出来ています。

以上が私が実践しているヘアーケアーになります。